セキュリティオペレーション ジャパンサーベイ 2020年版

セキュリティオペレーション ジャパンサーベイ 2020年版

 

SOAR 活用の現状と課題

従来のデータセンターに加えて IaaS、SaaS、モバイルなどのテクノロジーや、働き方改革や BCP(Business Continuity Planning、事業継続計画)観点でのテレワークの実施などによって、企業の IT 環境は益々複雑になっています。新しいテクノロジーがもたらすリスクに加えて、高度化、巧妙化するサイバー攻撃と活用するセキュリティ製品・サービスの増加を背景に、企業のセキュリティ担当者が行う業務、セキュリティオペレーションはますます煩雑かつ複雑なものになっています。国内外においてセキュリティ人材の慢性的な不足が問題視され、企業においてもセキュリティに従事する人材の確保が困難になる中、セキュリティ対策やセキュリティオペレーションをどのように向上、成熟させるかは、多くの企業が抱えている共通の課題です。

このセキュリティオペレーションを効率化させたり高度化させるための有効な手段として、近年注目されているのが「SOAR(Security Orchestration Automation and Response)」です。SOAR は、セキュリティオペレーションの自動化、インシデント管理やレポーティング、調査の迅速化を可能にするセキュリティソリューションです。

パロアルトネットワークスでは、年間売上高 500 億円以上、従業員数 500 名以上の日本国内の民間企業でセキュリティオペレーション全般を担当する管理職、現場担当者を対象に、セキュリティオペレーションや SOAR 活用の現状に関する調査を 2020 年 3 月に実施しました。今回の調査を通じて、国内企業がセキュリティオペレーションにおいて活用しているセキュリティ製品・サービス、ログ、SOAR 活用の現状、またセキュリティオペレーションや SOAR 導入に向けての課題や懸念が明らかになりました。

セキュリティオペレーション ジャパンサーベイ 2020年版 を入手