IoT/OT サイバーセキュリティ ジャパンサーベイ 2020年版

EDIT ME

EDIT ME

EDIT ME

IoT/OT サイバーセキュリティ ジャパンサーベイ 2020年版

EDIT ME

EDIT ME

EDIT ME

EDIT ME

EDIT ME

EDIT ME

EDIT ME

EDIT ME

EDIT ME

EDIT ME

EDIT ME

EDIT ME

テレビやスピーカー、監視カメラのスマート化といった、利便性が飛躍的に向上した一般消費者向けのIoT 製品の普及だけではなく、市場における競争優位性や業務効率の改善などの観点で、様々な産業分野でもIoT(Internet of Things)の導入が進んでいます。製造業における工場の稼働状況の可視化を通じた生産性向上、医療分野における診療レベル向上、サービス業における対面業務での行動分析による業務効率化など、従来のOT(Operational Technology)の分野に限らず幅広い産業でIoT への期待が高まっています。

一方で、サイバーリスクの観点では、「クローズドネットワークの安全神話」の崩壊が現実のものとなり、様々なIoT/OTデバイスがIT ネットワークやインターネットに接続され始めています。製造業の工場をはじめとした業種特有の環境は、常時安定稼働を重要視しているため、従来はインターネット接続されることなく独立して運用されていました。ところが近年はオープン化が進み、企業のIT ネットワークやインターネットに接続して運用されるようになってきました。これは、工場の操業停止や医療機関での診療停止など、ランサムウェア「WannaCry」が世界中の企業にもたらした被害の結果からも明らかです。加えて、業務改善等を目的としてIT ネットワークに直接接続されるIoT デバイスのさらなる増加も予測されています。IoT/OT デバイスの安全性確保ならびにこれらのデバイスが接続される環境の安全性の確保は、事業継続性の維持に直結する取り組みであり、デジタル化する企業が注力すべき優先課題と言えます。

サイバーセキュリティのリーディングカンパニーであるパロアルトネットワークスでは、IoT/OT 分野でのサイバーセキュリティに関する企業の取り組みと課題、今後の動向を明らかにする目的で、2020 年7 月に調査を実施しました。「IoT/OTサイバーセキュリティジャパンサーベイ2020 年版」では、従業員規模500 名以上、年間売上高500 億円以上の民間企業を対象に調査を実施し、IoT 分野での取り組みの中でのサイバーリスクや対策の現状とセキュリティを確保するうえでの課題を明らかにすることができました。

LP-3 Sec 1 Content
LP-3 Sec 1 Content
LP-3 Sec 1 Content
LP-3 Sec 1 Content
LP-3 Sec 1 Content

レポートを入手する